INFORMATION

開催スケジュール| 2011年12月15日開催  19:00~ 21:10

第46回Hiro志塾「メタファーを使ったコミュニケーションを体験する」 ~伝版を使って2011年そして2012年を語る~

2011年12月15日開催  19:00~ 21:10

Hiro志塾 塾長 伊藤洋志

エコライブオフィス品川

今回はHiro志塾・塾長が、2009年7月以来、約2年半ぶりに刺激役に挑戦します。また開催場所は、いつもの新宿・初台から、品川に変わります。コクヨさんが会場をご提供下さいました。(感謝!) さらに今回は「わくわくフリートーク(WFT)」との初共同開催ですので、WFTのメインキャストである元J&Jのクレド・チーフ・オフィサーだった堀尾氏のミニセッションも体験できます。

以下、塾長からのメッセージです。

-------以下、今回の刺激役、塾長からのメッセージ--------

皆さんは自分を表現したり、相手を理解する時に、メタファーやピクチャーを使うことがありませんか?「百聞は一見に如かず」、言葉で表現したり伝えようとするよりは、目に見えるもので表すほうが、遥かに伝わる、理解し合えるという経験をした方も多いはず。私は、過去、2度ほど、様々な国籍の参加者が集まる海外企業研修に参加しましたが、その際、お互いを知り合う為に、ピクチャーとメタファーがとても威力を発揮することを体験しました。言葉だけでコミュニケートするより、絵、イラストを利用し、メタファーを活用すると、とても伝えやすいですし、分かりあえるのです。しかもそれらを使うことによって、自分自身が整理され、気づかなかった自分に気づくという効果も享受しました。今回はその体験を生かし、あらかじめ用意したメタファーのツール(絵)を利用して、コミュニケーションの可能性を追求してみたいと思います。内容は4人1グループでの演習が中心です。ご提供いたしますツールに、書いたり、描いたりしますので、出来ましたら、色鉛筆、ラインマーカー、多色のサインペン等々を持参下さいますと、より楽しく演習に取り組めます。また時節柄、参加者の皆さんに、ご自身の2011年を振り返って頂き、また2012年に想いを馳せて頂くという演習内容にしようと思っています。師走でお忙しいとは思いますが、是非、ご参加下さい。

---------メッセージ終了---------

 

参考までに第1部の進行イメージを以下にお知らせします。

①イントロダクション~例示によりピクチャーの有用性を考察する(5分)

②演習の説明~マテリアルのご提供(20分)

③最初の演習(25分)

④次の演習 「2011年を語る」(30分)

⑤最後の演習 「2012年を語る」(30分)

⑥締めくくり(10分)

 

今年最後のHiro志塾の第2部は、いつもと趣向を変えて、同会場で、ケータリング中心で行う予定です。いつものようなお店やホテルの会場ではありませんが、手作り感があって、よりカジュアルな感じが、参加者同士の交流を促進すると思います。第1,2部通してのご参加、大歓迎ですし、第1部、第2部だけのご参加も歓迎です。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。