INFORMATION

開催スケジュール| 2012年9月13日開催  18:30~ 20:30

第55回HIRO志塾「真の災害対応力とはなにか?」~大規模災害でも生き残るために~

2012年9月13日開催  18:30~ 20:30

畑屋 歩(TSR株式会社・人材開発室) 初挑戦

安全自動車株式会社・会議室(東京都港区芝浦4-16-25 品川駅(あるいは田町駅)から徒歩10分)

今回の刺激役は畑屋さん(TSR株式会社)です。畑屋さんは、2009年の2月から継続してHIRO志塾にご参加れており、HIRO志塾の中では古株です。このたびようやく重い腰を上げて刺激役に挙手くださいました。今回のテーマは、過去、取り扱ったことが無いテーマです。HIRO志塾では、昨年10月に吉野家・小黒さんの刺激役で「震災を振り返る」を行いましたが、今回は「災害対応力」ということで、先般とは全く異なった切り口でのアプローチです。畑屋さんがHIRO志塾のために練り上げてくださったコンテンツです。以下に畑屋さんからのコメントを掲載いたします。ご参加に先立ち、参考にしてください。

---------以下、畑屋さんからのコメント-------------

~概要~

今回、Hiro志塾参加者にお伝えしたいことは、災害対応力ということで...

 

大規模災害発生!そのとき、あなたならどうしますか?

 - 頼るな!キケン!?

 - 家族の信頼関係が「カギ」を握る

 - 先人の教え

 

といった内容を予定しております。

 

 

~背景~

2011/3/11 14:46 東日本大震災発生

 

自宅は厚木、会社は港区、実家は釜石・・・

 

このとき、東京では twitter ustream が大活躍!

 

その後も

「安否確認には twitter を!」

「学校からの情報発信は twitter を!」

「全社員 twitter に登録しようぜ!」

・・・・

 

まさに「twitterは神のツールだ」「ネットは災害に強い」みたいに騒がれていました。

 

しかし、元ITエンジニアの私は思いました。

twitterってそんなにすごいのか?」と...

「ネットってそんなに強かったっけ?」と...

 

あれから1年半、震災当日やその後の経過が次第に明らかになり「本当の災害時の対応ってこれじゃないかな?」という一つの「答え」が見えてきました。

 

その「答え」を、防災の日(9/1)、防災週間(8/309/5)という

ことで9月開催のHIRO志塾の場を借りてシェアさせていただき

参加者の皆様それぞれの「答え」を見つけていただくきかっけに

なればと思っております。

 

 

~追伸~

HIRO志塾には 20092月 第12回 から参加しており、現在の自分があるのもHIRO志塾のおかげだと言っても過言ではありません。

今回はいままでのHIRO志塾への恩返しの意味も込めて刺激役を務めさせていただきます!

 

----------畑屋さんからのコメント終了-------------

 

刺激役初挑戦の畑屋さんを、参加者皆で支援しながら、よい学びの場が形成できればと思います。皆様のご参加をお待ち申し上げます。